頭皮のフケを減らすための洗髪方法

毎日シャンプーしているというのに、衣服にパラパラと舞い落ちる白いもの、フケ症は悩みの種の一つです。不潔に見られてしまいがちですし、他の人に指摘されて恥ずかしい思いをすることもあります。そうしたフケ症の方々に有効なシャンプーが、このケトコナゾール配合シャンプーです。
ケトコナゾールとは抗真菌薬の一つで、白癬菌や皮膚カンジダ症の治療薬として用いられています。真菌の細胞膜の合成を阻止することで、真菌を減らす効果があります。実はこのケトコナゾールが白癬菌やカンジダ症だけではなく、脂漏性皮膚炎やフケ症、脱毛症にも有効であることが分かったのです。
いやなフケ症に力を発揮してくれるケトコナゾール配合のシャンプーですが、残念ながら日本ではまだ認可されていません。個人で手に入れる場合には、個人輸入と言う形になります。ケトコナゾール配合のシャンプーには1%配合されたものと2%配合されているものがあり、当然配合率の高いものの方が効果は期待できるとされています。ただし、効果の高くなる分副作用も出やすくなるとも言えるので、最初は1%配合のものから使用された方がいいでしょう。副作用としては痒み、頭痛、目まいなどが報告されています。もっともそうした症状が強く出るのは内服した場合が多いので、シャンプーはそれほど神経質になる必要はないでしょう。
洗い方は普通のシャンプーと同じで、濡らした髪に泡立てて使います。ただし、ここですぐに洗い流さず、5分ほど間をあけてからよく洗い流します。最初の頃は週に2度、1ヶ月ほどしたら1週間から2週間に1度、ケトコナゾール配合シャンプーで髪を洗ってください。それ以外の日は通常のシャンプーで洗髪しましょう。
肩に落ちる白いものが気になって、濃い色の洋服が着られないという方は、一度このシャンプーを試してみてはいかがでしょうか。



トップページへ