水疱はケトコナゾールとハイターで対応できる?

皮膚に水疱ができる症状に悩まされている方はいませんか?もしかしたらカンジダ症を疑ってみましょう。カンジダ症は性病のように思われますが、確かに感染して水疱ができてただれたりしますが、性病だけではありません。自分が持っている真菌が影響で水疱やただれが生じることもあります。この真菌はカビの一種という位置付けになりますが、清潔にしていないからこのような症状になると思われる人も多いです。しかしこの真菌は誰もが所有しているものであり、環境が悪くなることで発症してしまいます。

体質によって水疱ができやすくなる人もいます。それはカンジダ症だけではありません。真菌によって引き起こされることが多いです。この真菌を殺菌する医薬品としてケトコナゾールが挙げられます。ケトコナゾールはクリーム、スプレーや液状タイプに薬剤で患部に直接塗布して治療する医薬品です。真菌全般に効くことで、万能薬としてケトコナゾールは知られています。水虫でも使われることが多い医薬品です。

ケトコナゾールは患部に塗るのも一つの治療ですが、真菌に活動させないような皮膚環境をつくることも大切です。その環境作りとしてハイターも選択肢になるようです。ハイター風呂といって、お風呂にハイターを入れることで真菌を倒す効果があります。刺激が強すぎますので、適量を入れること、そしてアルカリ性という特性があり、肌が弱酸になることで乾燥しすぎるということもありますので注意してください。

またケトコナゾールにもシャンプーという使い方で真菌を抑えることも可能です。主に脂漏性皮膚炎で発症する頭皮湿疹には高い効果があります。治療薬を用いるのも良いですが、真菌を活動させない皮膚作りも大切です。



トップページへ