ケトコナゾールの治療方法と真菌への抗菌対策

ケトコナゾールはカビの仲間である真菌を殺菌する治療薬になります。治療方法は、クリームや液状の医薬品を患部に塗ります。1日数回の治療方法になりますが、根気がいる治療ですので、しっかりと行うことが求められます。このケトコナゾールは水虫の治療方法としても選択される医薬品です。水虫は根を皮膚深くに落としますので、角質層に浸透する医薬品が必要です。また幅広く塗り、症状が治まっても薬を使い続けることが大切です。ケトコナゾールを使用する場合は、自己判断しないで治療を続けましょう。

ケトコナゾールは治療方法のひとつになりますが、抗菌対策としても使われることがあります。主な使われ方は洗浄剤です。ケトコナゾールが含まれているシャンプーは代表格の製品です。頭皮湿疹の原因となる脂漏性皮膚炎は、真菌が原因です。これは水虫と違って、誰もが持っている真菌が悪さをします。本来は頭皮の環境を守っている役割があるのですが、皮脂が多くなることで活動が活発化し皮膚炎を引き起こします。特に頭皮は皮脂が多い場所になりますので、脂漏性皮膚炎が発症しやすい場所です。

そのような頭皮を薬品を用いて抗菌対策をすることになります。シャンプーを使う時は、頭皮を意識しながら洗い、数分間泡が付いた状態で放置します。この作業が真菌に効果を示し、抗菌対策になりますので必要です。先程も述べたように真菌は皮膚にとっても大切ですので、使い続けるとトラブルも引き起こしますので、週に2回の使用が適切になります。

ケトコナゾールは治療薬としても使われ、そして抗菌対策にも効果を出します。ただし真菌による皮膚トラブルに効果がありますので、真菌の存在を確かめてから治療を開始することが大切です。



トップページへ